家庭教師バイトのメリット・デメリット

家庭教師のアルバイトは簡単に登録でき始められますが、指導を始めれば簡単にやめることはできない責任ある仕事ですので、メリット・デメリットを理解しておくことが大切です。メリットは時給の高さではないでしょうか。他のアルバイトに比べると圧倒的に高く、1500円から2000円くらいが目安です。個人契約の場合はもう少し高くもらえる場合もあるでしょう。

デメリットとしては、バイトに登録してもすぐに始められない場合があることでしょうか。依頼先があり、登録者のプロフィールにマッチした案件がでてこないと、仕事が始められない点は気になります。塾講師なら採用されればすぐに授業を持つことになりますが、これと比べると、その当たりはデメリットといえるかもしれませんね。

もし気になるのなら、個人契約も検討してみてはどうでしょうか。家庭教師を必要としている家庭と直接契約を結ぶのですが、こういった家庭と家庭教師を仲介するサービスもありますし、カフェや飲食店などの壁にたまにですが、家庭教師を募集する個人宅のチラシが張り出されていることがあります。大学などの近くに学生がたまる飲食店や大学の学食の壁などでよく見かけますので、こうした情報にも注意してアンテナを張っておくとよいでしょう。家庭としても派遣会社に手数料を払う必要がないため、家庭教師へ少し高めの報酬を払うことができ、お互いにとってメリットがありますので。

派遣会社登録サイトが便利

家庭教師派遣会社に簡単一括登録できるサイトを利用する前に、家庭教師派遣会社について知っておきましょう。家庭教師派遣会社には様々なタイプがあります。学生中心の講師を派遣するところもあれば、社会人によるプロ教師のみの会社、あるいはバイトではなく、個人契約の家庭教師を仲介する業者もあります。また、全国展開している会社もあれば、その地域限定の会社、さらには有名国立大学専門、医学部や工学部など理系専門というように、難関大学や学部の攻略に特化したことを売りにする会社もあります。

家庭教師のバイトは誰でも簡単に始められますが、教えるのが好きな人でないと難しいですし、親の信頼を得る必要もあるため、思ったよりも難しい面もあります。長期アルバイトが前提かというとそうでもなく、試験前の集中コースや、夏休み冬休みなどの短期限定での募集、あるいは受験前というように、個別のニーズに合わせた募集もあります。依頼する側のニーズにこたえて一通り教えることができることが望ましいです。

教え方が上手で苦手科目を得意科目にすることが上手な方であれば、比較的良い条件でバイトすることが可能でしょう。実際、そのような面をセールスポイントにする家庭教師派遣会社であれば、年間通しでも、ピンポイントでも、たくさんの依頼があると考えられます。

家庭教師バイトを始めよう

家庭教師のバイトは簡単に始められます。大学生のアルバイトの定番として、多くの人が一度は経験するか、やることを検討する家庭教師のアルバイトですが、どうやって始めるのか、どこに登録したらいいのか等、気になることがたくさんあるかと思います。一昔前は求人情報誌をチェックしたり、大学生なら生協や就職支援担当課の掲示板などに張り出されている求人票が家庭教師バイトの情報源でした。でも今は、インターネット上に、家庭教師バイトの情報を簡単にチェックできるサービスがいくつも運営されています。

家庭教師をやろうと思ったら、まずこのようなサービスの利用を検討するのがおススメです。なぜなら、いわゆる比較サイトなどのように、複数の条件を入れることで、北海道から九州沖縄まで日本全国の家庭教師派遣会社などの募集情報が一目で分かりますし、うれしいのは、条件がよさそうな家庭教師派遣会社に一括登録できること、そして自分が住んでいるエリアや、通っている大学付近で登録可能な家庭教師派遣会社を検索しそこに絞って登録することも可能なことです。

このようなサイトでは、家庭教師として登録の方法から、指導を始めるまでに流れを詳しく解説していますし、このようなサービスを利用するメリット・デメリットについて分かりやすい説明があります。大学生になりこれから家庭教師のバイトを始めようと考えているのなら、迷わず、こういった一括登録サイトの利用を検討してみてはいかがでしょうか。